第37回「全日本聖和祝祭」開催のご案内

2019年4月12日

拝啓

春光を浴びた緑まぶしい季節となりました。
皆さまにおかれましては、お元気でお過ごしのことと存じます。
聖和家庭会の皆さま!本年は、来る5月26日(日)(天一国7年天暦4月22日)に、第37回「全日本聖和祝祭」が開催される運びとなりました。
ご多忙のことと存じますが、万障お繰り合わせの上、ご出席賜りますよう心よりお願い申し上げます。
さて、2020年の基元節、そして天地人真の父母様の記念すべき聖誕日(お父様の聖誕100周年とお母様の聖誕77周年)まで、わずか11か月を残すところとなりました。 そして、わが国においては「平成」の時代を終えて、新しい「令和」の時代を迎えてまいり ます。
聖和家庭会の皆さま!聖和の恩恵を受けた私たちの家庭こそが、孝情の隊列の先頭に立ってこの歴史的な一年を牽引すべきではないでしょうか。
去る2月11日、韓国・世界日報創刊30周年記念式典において、真のお母様は集まった韓国を代表する指導者たちを前に「私たち夫婦はメシヤです。救世主です」と力強く宣布されるとともに、「この国も、世界の全ての国も、神様を主人として迎える運動をしなければなりません。南北を統一し、神統一韓国になることによってこの国に未来があるのです」と堂々と宣言されました。
子女たる私たちもまた、各家庭が神氏族メシヤ430家庭の勝利を果たすとともに、氏族の連合を進め、兄弟姉妹の絆をさらに深めて、神日本、神世界の実現に向かい、今こそカの限りを尽くして総進軍するべき時ではないでしょうか。
来たる5月26日、第37回「全国聖和祝祭」の一日を、 天上の皆さまと地上の私たちが、共に天の父母様の夢の実現を誓う一日としてまいりましょう。
皆さまのご健勝とご多幸を祈りながら、尾瀬の地での再会を心待ちにしております。

敬具

平成31年4月吉日
尾瀬聖和家庭会 理事長 阿部知行

facebook twitter line はてなブログ